MENU

ドコモから【DMM モバイル】なら、こちらの情報を

 

 

DMMmobileメイン

<公式ページは↑画像から>

 

トップページのdocomoユーザーにおすすめなランキングでは、楽天モバイルを抜き、1位に輝いたDMMモバイル。
一体どのようなMVNO(格安業者)なのでしょうか?

 

口コミ、評判含め、おすすめ情報、メリット、デメリット、ドコモユーザーに何故オススメなのか?
このような点を比較などを用いて、わかりやすく解説していこうと思います。
DMMモバイルに興味のある方は
以下↓を読んで頂けたら、おそらく他サイトを飛びまくって調べるより、簡単に早く知ることが出来るでしょう。

 

では早速、解説していこうと思います。

 

DMMモバイルについて

 

DMMモバイルとは、DMMモバイルで契約したSIMカードをSIMフリーのスマホまたは、タブレットに使う事で、
大手キャリアなどよりも、格安でインターネットができるサービスとなっています。

 

また、現在、利用されている、大手キャリアから番号をそのまま引き継げるMNPサービスの利用も可能です。
利用の際は、SIMフリー端末が必要になるそうです。

 

DMMモバイルの口コミ・評判

 

通話ができなくなる、不通期間!

 

MNP乗り換えする時に気になるのは、通話ができなくなる「不通期間」です。
ドコモのMNP転出をしてからSIMカードが自宅に届くまで時間がかかるので、どうしても不通期間は発生してしまいます。
しかし、不便だと思って心配になってたのですが、実質1日半くらいしか不通期間が無かったので、特に問題ありませんでした。

一番安いプランは月590円(税別)とか安すぎ!!

 

SMSオプション付のデータプランで一番安いプランは月590円(税別)と安い価格が魅力。
ドコモ系SIMなので対応しているスマホ端末が多いところも良い。
料金の10%がDMMポイントでかえってくるのもうれしい。
音声プランを考えた場合でもDMMのサイトから通話アプリをダウンロードで電話番号そのままで通話料金が半額になるところもなお良い。

6000円も安くなった!!

 

今まで月に8,000円のスマホ料金が2,000円くらいまで安くなりました。
普通に使うのであれば、通信速度も問題ないです。
MNPで乗り換えをするのは少し手間でしたが、年間で数万円違うので乗り換えてよかったと思います。

安いプランだけど使えない

 

選んだプランは最安440円の250kbps低速プラン。
通信できないことも多く、Wi-Fiのない私には繋がらないので使えないです…
やっぱり値段も値段だしね。

 

MVNOで最安値のDMMを選んでよかった!

 

MVNOのSIMカードではDMM moibleが一番安く、
あまり使わない自分の使い方に合っていました。
APN設定もインターネットで調べたが、10分くらいで完了しましたよ

 

 

口コミの評判が良すぎる

 

さぁどう感じたでしょうか?
大事な契約などは、やはり、口コミも気になる部分ですよね!
サイトでオススメな部分とかだけ見たら、ものすごくいいけど…
実際DMMモバイル使ったらどうなんだろう?なんて思うはずです。

 

全体を見て言えることは、携帯関連の口コミは実際に低評価になりがちですが
DMMモバイルは業者の中でも、ダントツ、口コミの評判が良いですね!!

 

口コミの中で、最も多く見られたのはやはり、
料金がものすごく安くなったということ。
どうせ、安くしようと心に決め、乗り換えるのならば、死ぬほど安いほうがいいですよね!

 

 

DMMモバイルのプランは全プラン業界最安値水準!

 

さぁ。気になる部分はやはり、料金ですよね!
なんと、DMMモバイルは各プラン業界最安値であり、とても人気なんですよ!
月額料金最大¥5,290 得!
DMMmobileメイン

 

大手キャリア:月額¥8000
DMMモバイル 月額¥2,710

 

シングルコース

 

 

データ通信SIMタイプ

‐ライトプラン‐

月額:¥440~

  • インターネットのみだとこんなにオトク!

  • オプションでSMSサービスも使えます!

 

通話対応SIMタイプ

ライトプラン

月額: ¥1,140~ 

  • ネット通話も使えてこんなにオトク!

  • 乗り換えMNPで今までお使いの番号もそのまま!

シェアコース

 

通信量を分け合う

‐8GBプラン‐

月額: ¥1,980~

  • 最大3枚のSIMカードでデータ通信を家族や友達とシェアできてオトク

  • 組み合わせ自由なSIMカードのタイプ

 

DMMモバイル最新情報

 

DMM mobileご契約後でも機種変更・端末の追加購入が可能になったそうです

 

(これは、かなり大きいですね。)

 

機種変更・端末の追加購入はSIMカード1枚につき1台まで申し込みできます。
また、シェアコースをご契約中の場合のみ、各SIMカードの機種変更・端末の追加購入を一度にまとめて行うことも出来るみたいなので、
負担も軽減されますね。

 

ただ、1つ注意です
当月分の月次決済が未完了の場合、当月の決済処理中の場合、
契約変更手続き中の場合は申し込むことが出来ないみたいなので、
確認しておくことをおすすめ致します。

 

DMMモバイルのメリット・デメリット

 

DMMモバイルが何を押したサービス展開なのか把握しておくことは非常に大事です。
何に力をを入れているのかは、メリット
メリット・デメリットを見ていきましょう。

 

メリット

 

データ通信量が細かく設定できる

ライト/1G/2G/3G/5G/7G/8G/10G/15G/20G
と、他業者から比べてプラン数が多いので
自分が使うであろう、GBに設定することができるは有り難いですよね

 

料金がとにかく安い

 

上記でも書きましたが、格安スマホ、格安SIM業界で断トツに料金が安いです。
本当に、めちゃくちゃ安いんですよ。
そしてどんどん最安値も更新していくのでこれからはもっと楽しみですね。

 

口コミの評価も良いから、気持ち的にも安心

 

口コミは非常に良いです。携帯関連の口コミは低評価されやすいのが特徴ですが、
思った以上に高かったので、デメリットよりもメリットのほうが大きいといえるのではないでしょうか?
皆使っていて、評価もそこそこなら、チャレンジしても良さそうだな!これで携帯が安くなるぞ!と
気持ちもハッピーになること間違いないでしょう!

 

バースト機能がある

 

もし契約をしていた、通信量を超えて通信した場合、200kbpsという低速通信状態に
陥ってしまいますが、最初の数秒だけ高速通信をしてくれる機能です。
まさにバーストですね。
超えた場合でもこの機能のおかげで、データ量が軽いサイトならば、閲覧はできますよ。

 

利用料金の10%がDMMポイントで還元される

 

実はDMM mobileの契約をすると、利用料金の10%をDMM.comというサイトのポイントで還元されます。
ポイントがある方や、貯められている方、DMM関連をよく使う方は、オススメですね。

 

契約の縛りがなくなった

 

大手キャリアでは、2年間の縛りがあり、
意味不明でわかりづらい解説をされ、変なプランに申し込ませようとしてきたり、
そのせいで無駄に料金を支払っていたりしますが、
DMMに乗り換える事で、これらの問題は解決され、縛りも消えるので
プランも選びやすくなるため、とても良いですね。

 

デメリット

 

昼の通信速度が遅い

 

これもDMMに限ってではないですが…
速度が遅くなるというのは、非常に痛いです。
動画なども見れなくなりますし、データ量が大きいものならなおさらキツイですが、
Wi-Fiさえ繋げてしまえば、なんの問題もないです!

 

実店舗が無い

 

なにか困った際にかけこめる場所があるのと無いのでは、だいぶメンタル面で違うでしょう!

 

ドコモのキャリアメールが使えなくなる

 

ずっと温め続けたアドレスなら、特に悩む部分ではありますが、
現代、どんどん進化していってますよね。そうです。皆さんご存知のように
メールからSNSへと時代が移りつつあるのです。
LINEなどが使えるようになれば、メールなどあまり使わなくなります。

 

 

まとめ

以上、DMMモバイルに関した情報でした。

 

なぜDMMモバイルが格安スマホ、格安SIM業者の中でダントツ人気を確保している
理由がなんとなく分かる気がしますね。

 

なにより目についたのは、やはり、料金がめちゃくちゃ安くなる部分でしょう。
5000円以上も安くなるのなら、迷わず乗り換えたいことでしょう。

 

1ヶ月5000円浮いたとしたら、年間6万です。
6万円も浮けば、旅行いけちゃう額ですよ!

 

DMMモバイルと契約する上で気をつけておきたい部分としては、
多いプランの中、どのプランを選ぶのか。という所でしょう。

 

 

自分に最適なプランを見つけ、そのプランをしっかり
選べることを祈っております。

 

ドコモから格安SIMなら【DMMモバイル】おすすめ情報!関連ページ

ドコモから格安SIMなら【楽天モバイル】おすすめ情報!
『ドコモから格安simに乗り換え!』では、simカードといった基礎的な部分からdocomoユーザーが格安simに乗り換えする為の情報、通信速度やおすすめの比較、ドコモ系、格安スマホ業者の料金をランキングなど使い詳しく解説しています。